沖縄県民が考える沖縄問題

沖縄交付金の要望を政府は見送りました

沖縄県の仲井真弘多知事は首相官邸で藤村修官房長官と会談を行いました。その際に仲井真知事は沖縄復興予算を一括交付金を含んで全て3000億円の確保を要望。

 

しかしこれに対して政府は満額をそのまま交付するのは困難と答えています。沖縄県の復興予算として2300億円が当初の予定となっており、700億円増えてしまうと政府が困惑してしまうのもわかります。

 

ですが最近の沖縄に関する不適切発言や基地問題のことを考えると沖縄県知事そして沖縄県民が政府に対してこれだけを要望する気持ちもわからなくもありません。

 

しかし、これはお金で解決すべき問題ではない。政府のお金=国民の血税なのです。

 

沖縄に対する政府の失言・や政策の付けを国民が支払う義務はないのです。